静泰院と蘭山

正式名所は、天龍山 静泰院と蘭山。静泰院は、小笠原出雲守長俊(小笠原忠真の弟)の菩提寺である。 長俊は、 徳川家光に従え5000石を優していたが、 寛永2年(1625)職をしりぞき、 この地に住んだ。 のち万冶元年(1658)に没し、 この地に葬られた。 静泰院の称号は長俊の法号からとったものである。

静泰院と蘭山・門司区大里史跡


また、ここは、お墓がかなり見受けられました。 話によると200年ぐらい前に、 禅宗のお坊さんが、 全国からここに修行に家族連れで来られていて、 ここで亡くなったお坊さん達の、お墓だそうです。  一年に一回旧暦の4月29日に供養がある。  蘭山に帰依した多くの人の中に地元の大庄屋の石原宗祐は、  報恩のため大蔵経6200巻を奉納した。  これを収めた経堂が「対一説堂」である。  蘭山は光格天皇から圓格妙応禅師の贈名を賜っている。

※久しぶりの再撮影2014年。いつでも行けるという所は中々いかないものです。このサイトで一番最初に撮影をしているのがここです。動画はこちら


大里案内へ戻る