水野万空 大梅庵跡

水野源六貞凰号万空は、 小倉藩士蓮歌俳譜む、 明和元年より10年間京都留守居役を勤めたあと、 役余蝶夢蘭更暁台等と俳交をもち在京中に  「京の四季」の作あり、 安永5年致仕後風光を愛した柳村に大梅庵を結び、  ここで武士町人僧侶農民に、 蕉門俳諧を普及し文化の向上発展に努めた。 (大里史跡)場所:柳町3丁目 

水野万空 門司区大里史跡

※こういう大里史跡とかいうものなら、たくさんあります。 史跡に興味のある人は殆どいないようです。 掲載写真は2枚です。 地蔵と碑、 周りはトタンで囲まれています。 もう一つは句碑です。 これはここにはありません。 大里地区の他の旧跡にあります。300m位です。


大里案内へ戻る