鎮西別院

浄土真宗のお寺。明治40年に第22世門主鏡如上人が、 布教体勢の組織化に着手し、第五教団として編成しています。 布教の中心拠点として、別院が建設されたが、 火災などにより紛失現在は、 敷地内に「鎮西敬愛学園」があり。 本堂横には「門司駅殉職者」の碑がある。 場所:別院 別院通りバス停下車。ここは、中には入れません。許可を貰えば、入れるかもしれません。山手の方の入り口が開いています。入って30mもいけば、碑があります。


鎮西別院。


大里案内へ戻る

HOME