門司麦酒煉瓦館


大正2年(1913年建築)元門司帝国麦酒、 前サッポロビール門司工場本事務所、2005年5月21日にオープン。門司麦酒煉瓦館をはじめ、醸造棟、旧組合棟(赤煉瓦写真館)、倉庫跡(赤煉瓦交流館)の4つの建物は国の有形文化財に登録されている。9時から午後5時まで。大人100円。4歳以上中学以下50円。 JR門司駅北口徒歩2分。大里本町。西鉄バス:大里バス停下車、徒歩5分。 駐車場がありますが、普通車30分100円、1日500円。大型車1000円。電話093-382-1717


上3枚の撮影は、オープン前日。門司みなと祭りにあわせてオープンをするようです。 市が委託しています。 中に入ったのがオープン半年後2005年(17年)11月20日。フリーマーケットはしていましたが、今一ですね。 1日どの位の入場者がいるのかな? 聞いたのですが、答えてくれませんでした。 受け付けのお嬢さんは、笑って無視していました。^^; 「まだ、他に出来ていませんので、、、」と言われました。画像がオレンジっぽいのは、高感度撮影をしています。 一番下の右は、2階からフリーマーケットを撮影。 婦人服を売っていた男性が、ちょっとこっちに座ってちらちら見せれと、超ミニスカ女性に言っていました。 一緒に売っていた女性ですけど、そこまでして売る!横で麦酒が買えるんです。かなり買っていましたので、かなりアルコールが回っている様子でした。こぼれ話でした。

大里案内へ戻る