戸上神社

門司区でもっとも高い山戸ノ上山のふもとにある神社で、上宮と下宮がある。 遣唐使として中国から帰還中の空海が戸ノ上山に霊感を感じ、  唐から持ち帰った観世音尊像をここに祀ったともいわれている。  社殿がH13年7月火災にあいましたが、 平成15年8月に新しい社殿が出来ています。 場所:大里戸上4丁目 戸上神社バス停下車。

戸上神社 北九州市門司区大里の氏神

※ここの神社は大里地区の氏神です。 上宮が、 戸の上山、 山頂にあります。掲載写真は、社殿・社務所・水呑場・鳥居等の写真6枚を合成。 動画はこちら


大里案内へ戻る