門司倶楽部

門司倶楽部は筑豊石炭鉱業組合、 門司石炭商同業組合、 西部銀行集会所、九州鉄道会社の4団体により社交場として1903年建築された。 倶楽部の会員数は1904年には門司市内111人、 地方146人、大正13年には門司市内180人、地方116人、名誉会員62人となる。 戦後改築され中国料理のレストランに今はなっている。 
場所:清滝3-1-8  電話  093-331-2331 営業時間11時から14時と17時から21時まで。 月曜定休。 門司税務署から山手に5分位登るとありますよ。

門司倶楽部

ここの料理は私の口には合わないです。味覚は人それぞれです。最近薄味に慣れてきたのでどこでたべても 味が濃い感じがする。撮影にも適していないです。すごく電線があります。

門司港案内へ戻る


HOME