日本銀行西部支店跡

日本銀行西部支店は大阪以西初の支店として赤間ヶ関(現・下関)に仮設されていたが、 1898年に門司へ新築移転された。1917年門司支店に改称されたが、1945年戦災によって焼失した。当時の建物の姿は海峡ドラマシップに復元されている。 1964年北九州支店開設により閉鎖される。場所:栄町 鎮西バス停下車。

日本銀行


門司港案内へ戻る





HOME