大門司港博覧祭

2010年10月31日に初めて行われました。1回目は門司港レトロ地区よりも山手側を利用しましたが、2011年の2回目から門司港レトロ地区も含めて行われた大門司港博覧祭です。門司港の栄町銀天街をメインに三宜楼までを利用したものです。大正から昭和初期の門司港をイメージしたもので、「きもの日和」や、「和物」を中心に蚤の市、門司港の古い写真展、レトロカフェなど。

第1回大門司港博覧祭

大門司博覧祭2010


大門司博覧祭

大門司博覧祭ALL WAYSのジャズ


初めて行われるものってあまり行かないのですが、範囲が狭いので、どうかなって思いました。人の途切れる時間がありました。昼です。着物、骨董品が好きな人に浸透させたほうが、盛り上がります。 日曜日休みのお店が結構開けていたのが良かったね。これを始めた趣旨聞いたらびっくりだよ。2回目から門司港レトロイベントガイドにも掲載をしてもらて浸透させたようです。

門司港案内へ戻る


HOME