マリーゴールド門司港迎賓館

1950年建設。 元日本船舶通信ビル。 外観にはギリシャ神殿のドリス式オーダーを模した柱が配されており、 重厚なイメージを持たせている。2007年6月からマリーゴールド門司港迎賓館として生まれ変わりました。場所:港町 レトロ桟橋通りバス停下車。

旧日本船舶通信ビル


2004年から3年位は「港街2番館」という輸入雑貨の店がありました。現在は、ブライダルをはじめ、ビジネスパーティ、 同窓会などが楽しめるお洒落な空間になっていますよ。

門司港案内へ戻る


HOME