鎮西橋跡

門司港一帯が埋め立てられる前にあった鎮西橋の橋柱の一部。  ここから甲宗八幡神社下の八幡橋まで堀川とよばれる幅12m程の運河がかつてあり、第一船溜りと第二船溜りを繋いでいたが、 1933年に埋め立てられた。橋の袂には、かつて日本銀行西部支店があった。場所:栄町 鎮西橋バス停下車。

鎮西橋


これは、よく見ないとわかりません。門司文化センター前の交差点にあります。文字が彫られているのが、めかり側になります。 場所は、海峡プラザの和布刈よりの道を山手に上がってすぐの交差点。

門司港案内へ戻る


HOME