明石与次兵衛塔

豊臣秀吉が肥前名護屋から大坂へ戻る途中、 大里沖の「篠瀬」と呼ばれる岩礁に秀吉の乗った御座船が衝突した責任を負い、 当船の船奉行であった明石与次兵衛が柳ヶ浦で切腹した。 細川忠興により安全航行の示標として石柱が建てられた。  大正時代日本海軍により岩礁を爆破する際に撤去され、 後に海に沈められたが、1954年に引き上げられた。 現在地に建てられたのは1972年。和布刈公園入り口にありますが、坂を登らないといけません。 場所:門司 和布刈公園バス停下車。

案内板

塔

説明書き

案内板

明石与次兵衛塔

明石与次兵衛について


※ここは、和布刈公園と書いている石から50mほど古城山をあがった所から、階段を登った所にあります。

和布刈案内へ戻る
HOME