僧清虚像

清虚は、高野山に向かう船で航行困難な青浜の岬で船の難儀を救う為に、毎夜山上で火を焚くようになり、 74歳で亡くなるまで火を焚き続けたそうである。 清虚像は、昭和48年に有志により建立された。 場所:青浜 青浜バス停下車。

僧虚像を斜め後ろから撮影。

これは、真正面から撮影するとなると、舟がいります。斜め前からなら撮影も可能です。

門司区その他案内へ戻る


HOME