羽山神社

神功皇后の三韓出兵後、高麗からの朝貢船が着く場所として、この付近を高麗入江と称していた。 この地の住人により大山津見大神を祀る祠が建てられ羽山神社と称し、後に天疫神社を合祀した。境内には「神鋼守護神」が祀られている。 場所:羽山2丁目  小森江バス停下車。


羽山神社


ここは、初めての撮影の時に苦い思いをしました。車がUターン出来ない。傷が付いた。その他の地区の撮影ではかなり傷があちこちに付きました。再撮影からはわかるから。


門司区その他案内へ戻る


HOME